作品詳細

将棋 平成新手白書 【居飛車編】
1574円
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。将棋は30年でどう変わったか?本書は平成に現れた「横歩取り・相掛かり・矢倉・雁木・角換わり」の新手を網羅的に解説した書籍です。特に重要な新手に関しては、古い形から解説しているので総合定跡書としても読むことが出来ます。新手の登場により、矢倉模様から横歩取りになったり、角換わりから相掛かりになっていたりと戦型同士の垣根が低くなりました。ですから、これからの居飛車党は全ての戦型に対しての知識が求められる事は間違いないでしょう。本書は各戦型を独立の章立てで解説しているので、興味のある戦型から読み進める事もできますが、通して読んでいただく事でバラバラな戦型同士がどうやって結びついているかが、理解できる仕組みとなっています。本書で、各戦型の知識を補完し現代の居飛車党を目指してください。◎構成第1章 横歩取り系第2章 相掛かり系第3章 矢倉系第4章 雁木系第5章 角換わり系第6章 新手アラカルト

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン