作品詳細

介錯人
1404円
不浄な「首斬人」と蔑まれる生業を継いだ別所龍玄。父に代わって首打役の手代わりを始めたのは十八の春であった。親子三代の中で一番の腕利きとなった彼の元には、外には出せないお家の事情を抱える武家から、武士が屠腹するときの介添役を依頼されるようになる。凄惨な生業の傍ら、湯島無縁坂での穏やかな家族との日々。凛として向き合う、若き凄腕介錯人の矜持。「風の市兵衛」シリーズの人気作家が放つ、清冽時代小説!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン