作品詳細

旅する舌ごころ
旅する舌ごころ白洲次郎・正子、小林秀雄の思い出とともに巡る美食紀行
1760円
2018年は、白洲正子没後20年。 本書は、白洲正子の孫である文筆家・白洲信哉氏による、旅と食のエッセイ集です。 京都、鎌倉、北陸、英国、ヨーロッパなど、旅の地で出会った食の恵みを旅の思い出とともに紹介。 父方の祖父母・白洲次郎と正子、母方の祖父・文芸評論家の小林秀雄とのとっておきのエピソードも数多く登場します。 巻末には、便利なお取り寄せリスト付き。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン