作品詳細

ゆえに、警官は見護る
1584円
明け方の港区芝浦のマンション前で焼死体が発見された。重ねられた自動車タイヤの中に立たせた人体を燃やすという残忍な手口は世間の耳目を集める。だが検視の結果、燃焼時には既に死亡していたこと、遺体は長時間冷凍されたものだったことが判明する。さらには、西新宿のビルの前で同様の手口の殺人放火事件が発生。新宿署の留置管理課に異動となった武本は、新宿署の特別捜査本部に応援にきた警視庁刑事総務課刑事企画第一係の潮崎警視と再会する。二人の接近を警戒する同捜査一課課長の下田警視は、同捜査二課知能犯捜査第一係の宇佐見巡査部長と、入庁二年目で捜査一課に抜擢された正木星里花巡査を、そのお目付け役として派遣する。人気シリーズ第四弾!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン