作品詳細

橋を渡る
880円
吉田修一からの挑戦状。ノンストップ長篇!ビール会社課長、明良。都議会議員の妻、篤子。TV報道ディレクター、謙一郎。それぞれの悩みや秘密を抱えながら、2014年の東京で暮らす3人が人生の中で下した小さな決断が驚愕のラストへとつながる――「週刊文春」連載時から話題沸騰。吉田修一史上、最も熱い議論を呼んだ意欲作を文庫化。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン