作品詳細

下着ドロからはじまった
220円
この高鳴る鼓動はときめきなんて甘いものではない。なぜなら「逃がすかぁあぁッ! この、下着泥棒がぁあぁッ!」握った拳に憤怒を乗せ、叫んだ勢いのままに突き出したそれは、美青年のみぞおちに見事キレイに決まる!前のめりにお腹を押さえてうずくまる彼だったが、その細い肩からすべり落ちそうになっているパーカーから、チラリと覗いた肩紐がふと気になる。「何でおまえが私のブラしとるんじゃあぁぁあぁぁッ!」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン