作品詳細

観念的生活
756円
カント哲学の専門家であり、闘う哲学者と言われれる著者の日々、ひたすら思考する。「私が存在するとはいかなることなのか」「善悪とは何であるのか」「私は死後どうなるのか」と自らに問う。デカルトの「これらの問いをまったく発しない人は稀であろう。では、それにもかかわらず、なぜほとんどの私は思惟する、よって私は存在する」という命題に疑問を持ち、『純粋理性批判』などのカントの著作をもとに答えを見つけようとする。問い続けることは苦しみだが、それが哲学することだという。「このすべてを認めた上で、それでも問い続ける人がいる。その内の多くは、岩のような問いをほんの僅かでも自力で熔解していくことが無性に楽しいからである。究極的真理には達しなくとも、真理に一ミリメートルでも近づくことが他の何にも換えがたい喜びだからである。」という言葉に、哲学者としての著者の実像がある。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン