作品詳細

忠義に死す 島津豊久
1944円
関ヶ原の戦いで異彩を放つ、義の星──慶長5年、関ヶ原の戦いで退路を断たれた島津勢は、絶体絶命の窮地にあった。もはや敵陣突破のみが最後の手段となった時、その先鋒にたつ男がいた。その男の名は、島津中務大輔豊久。後に島津を救った男として語られる者の、知られざる半生が、いま明かされる。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン