作品詳細

在宅医療の闇と光
1232円
腐敗した日本医療業界への宣戦布告!「24時間365日」体制で地域を支えるクリニック代表理事が明かす課題が山積する在宅医療の実態とあるべき姿現在の日本医療では圧倒的に医師が不足しており、受けられるはずの治療が受けられない、といった問題も少なくありません。また、2025年の超高齢社会、多死時代を控える日本では「最期をどこで迎えるか」という問題は一人ひとりの患者にとって切実な命題となっています。その問題を解決するためにもこれからは在宅医療が不可欠になるといえます。在宅医療とは、医療従事者が通院困難な患者の自宅や老人福祉施設を定期的に訪問して行う医療活動のことです。在宅医療では365日24時間の緊急対応体制が求められます。しかし在宅医療にも在宅医の知識・経験不足など、さまざまな問題点が存在しています。本書は現在の日本医療の現状と問題点を解明し、課題が山積みする在宅医療の実態とあるべき姿を明かします。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン