作品詳細

ただいま、ふたりの宝石箱
660円
仮面をかぶったまま仕事をこなし、<期待の逸材(ホープダイヤ)>と呼ばれていた涼子。ある日ぷつんと切れてしまった糸に気づき退職してから、譲り受けた古民家で日がな趣味のアクセサリーづくりをして暮らしていた。そんな家に店子として住むことになったのは、宝飾職人の「希美」さん。趣味も合うと楽しみにしていた涼子だったが、やってきたのは優しげな雰囲気のきれいな顔をした男性で――? 心を潤す、あたたかな再生の物語。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン