作品詳細

社をもたない神々
1870円
歳神・田の神・山の神・塞の神・地神・産神・産土神――ご先祖様たちが広大な自然や日々の営みから見出し、崇め祀り、連綿と子孫に託してきたものとは何か。「我われの民俗学は、先学の落とした落穂を拾うようなもの」。師・宮本常一の言葉に導かれるように、日本各地に残る原初の多様なカミたちの足跡を探索。代々続く吉備・宇佐八幡神社の神主として、半世紀にわたり古神道(民間神道)を実践してきた著者が、いま急速に失われつつある「日本のかたち」を伝え残す。序章――自然に宿る神々の群れ第一章 歳神と田の神第二章 原初に神体山あり第三章 神宿る樹木とその森第四章 境を守る「塞の神」第五章 地神・産神と産土神終章――まじないと流行神

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン