作品詳細

大江戸閻魔帳
笑う女 大江戸閻魔帳(四)
770円
4巻まで配信中
霧雨に濡れて逃げた女は、なぜ笑ったのか?「優しい女」が犯した亭主殺しの真相。戯作者麟太郎、涙の探索。霧雨舞う中、傘も差さずに駆け出してきた年増女に行き合った、戯作者の青山麟太郎。馴染みの下っ引・亀吉によれば、女は通旅籠町の裏長屋で亭主を殺し、姿を消したおきぬだという。評判の良い仲居だったおきぬには、しかし人知れぬ別の顔があった。哀しき運命に弄ばれた女を、麟太郎が追う!<文庫書下ろし>

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン