作品詳細

姉・米原万里
749円
アレルギーを起こすほど卵好き、お便所に三回落ちたなど、「トットちゃんより変わっていた」伝説のロシア語会議通訳、米原万里。プラハでの少女時代を共に過ごした三歳年下の妹が、名エッセイの舞台裏やさまざまな武勇伝の真相を明かす。「旅行者の朝食」「ハルヴァ」など食をめぐる美味しい話と秘蔵写真満載! 解説・福岡伸一【目次】卵が大好き米原家の大食い伝説プラハの黒パンクネードリキソビエト学校のキャンプ赤いエリートの避暑地父の料理、母の料理大好きな写真米原万里が詩人だったころ職業は「踊り子」きれいな一重まぶた飲まない万里のまっ茶な真実毛深い家族わたしは料理の道へいつも本を読んでいた「旅行者の朝食」あとがき文庫版のためのあとがき解説 福岡伸一文庫版のための付録、その1、その2

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン