作品詳細

鼠、地獄を巡る(角川文庫)
鼠、地獄を巡る
660円
昼は甘酒屋、夜は天下の大泥棒という二つの顔を持つ鼠小僧・次郎吉。たまには羽を伸ばそうと、妹の小袖と色とりどりの温泉を回る〈地獄巡り〉が売りの湯治場を訪れたのに、江戸で人気の歌舞伎役者に凄腕のスリも現れ、旅籠は何やら騒がしい。しまいには女湯で侍が刺し殺される事件に遭遇する。どうやらその侍はある女の影を追っていたようなのだが……。旅先でも困っている人は放っておけない、痛快時代小説シリーズ第9弾!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン