作品詳細

西行伝説殺人事件
682円
阪神淡路大震災から2カ月半ほどたった頃、愛媛県松山市のホテルで絞殺死体が見つかった。その背中一面に桜の刺青があった。暴力団同士の抗争かと思われたが、殺されたのは退官した高級官僚だった。ひとり娘の話から、父親は西行法師に傾倒し、その足跡、事蹟を訪ねることが退官後の趣味だったといい、持ち物から肌身離さず持ち歩ていた西行の歌集「山家集」がなくなっていることがわかった。娘の契は婚約者とともに捜査に同行する。西行と桜の刺青と高級官僚、これらのキーワードによって事件は複雑になっていくが、次第に解き明かされる。警察庁の宮之原警部が活躍する社会派ミステリー。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン