作品詳細

水戸黄門(三)中将鷹(上)
本編
770円
新婚の夢も消えぬうちに妻・尋子に先立たれた光国は、悲しみの中で念願の大日本史編纂に打ちこんでいた。侍女に懐妊させ水子にせよと命じたわが子が、ひそかに兄・頼重のもとで育てられていると聞いて、喜びの感情がわいてきたが、さらに父・頼房を失い、重い責任が光国の肩にかかっていく。ときに光国34歳。水戸家二代の主・光国は、四代将軍・家綱の継嗣問題でその弟・館林綱吉を推し、名実ともに天下の副将軍として活躍する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン