作品詳細

社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。
1300円
ぜんぶ、捨てました。住居、妻、家族、組織、モノ、人間関係を捨て、 残ったのは、この身1つと車1台。 そこには、究極の自由があった。 …いま、「くるま暮らし」をする人が急増中! ?「ミニマリズム」「断捨離」の最終形、ついに書籍化!

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン