作品詳細

空に向かってかっ飛ばせ! 未来のアスリートたちへ
1222円
「勝利至上主義は、もう辞めよう」野球をする子供たちの数は、少子化よりも激しい勢いで減っている。それはなぜか? 甲子園で勝つことを究極の目標にした勝利至上主義が、子供たちへの間違った指導法を招き、たくさんの有望選手が将来の道を絶たれているのだ。その現状を変えるため、横浜DeNAベイスターズのキャプテンであり、WBC代表にも選出された「日本の4番」が、勇気を持って発言した。自らの体験に基づく提言の書。「僕がこの本を書こうと思ったのは、子供たちに野球の楽しさそのものを取り戻してもらいたかったからです。野球をやる子供たちがどんどん減っているのに、抜本的な問題がほとんど話し合われていないように感じたからです。」(エピローグより)【目次】プロローグ ドミニカに僕の野球の原点があった第1章 バリー・ボンズになりたかった第2章 兄が導いてくれた道第3章 バッティングに悩み続けた頃第4章 「勝利至上主義」が子供たちの未来を奪う第5章 堺ビッグボーイズの試みエピローグ 「空に向かってかっ飛ばせ!」

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン