作品詳細

僕だけがいない~いじめなんかに負けないで。大丈夫、僕がいるから。
218円
さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)【書籍説明】ちょっと気の弱い僕「タカシ」。いつもタカシと一緒にいる一番の友達「蔵丸」が、突然いじめの対象になってしまう。蔵丸を助けたいのに、勇気がなくて助けられないタカシは、ある時蔵丸を見捨てて一人逃げ出してしまう。それをきっかけに、タカシは集団無視の標的とされてしまった。誰も話してくれない学校で、唯一タカシに話しかけてくれたのは「幹太」だった。幹太とタカシはひっそりと仲良く過ごすものの、蔵丸へのいじめは酷さを増すばかり。助けたいのに助けられない、なぜ自分と蔵丸だけがいじめに遭うのか…そんな悶々とした気分の中、ある日タカシは幹太に怒鳴ってしまう。その直後に姿を消した幹太。タカシは酷く後悔するが、幹太は学校に来ない。幹太はどこへ行ってしまったのか。タカシと蔵丸へのいじめに終わりはあるのか。気弱な男子中学生タカシの視点で綴られた、いじめについて問う物語。【目次】蔵丸と僕集団無視幹太と僕風が吹くと、川は流れるのか本当の友達【著者紹介】池井 ゆみ(イケイユミ)作家兼社会派コラムニスト。スポーツインストラクターとしてスイミングの指導に当たる傍ら、執筆活動を続ける。ストーリーのジャンルとしては、社会問題を取り上げたものが多い。二児の母であり、妻であり、ワンコのボス。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン