作品詳細

ヒマラヤに学校をつくる
ヒマラヤに学校をつくるカネなしコネなしの僕と、見捨てられた子どもたちの挑戦
1540円
トウガラシを体にすりこんで暖をとり、生活のために我が子を売る。22歳でネパールに渡った著者は、そんな究極の貧困を目の当たりにして衝撃を受ける。貧困から抜け出すには教育しかない。その支援をしたい。けれど、自分は教育者でもなければ、社会に出た経験もない。そんな自分に何ができるのか……。悩み、もがきがらも貧困家庭の就学支援をスタートさせ、幾多の困難に直面しながらも、2004年「クラーク記念ヒマラヤ小学校」を開校。その後もネパール大地震や病気(ガン)などに見舞われながらも、これまで現在200人までに卒業生を送りだしている。想いさえあれば、人はどこまでも行ける。ゼロから学校づくりに挑んだ著者の、涙と感動の20年の軌跡。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン