作品詳細

僕と死神の七日間
649円
「私は死神。あと七日で死ぬことを君に伝えに来たの――」 塾の帰り道の交差点で出会った、僕にしか見えない彼女は、死を告げに来た死神だった。 頑張ったところで意味なんてない。尊敬する兄の死後、僕は生きる価値を見いだせないでいた。それがあと七日だと聞かされたからって、どうだというのだ。 そんな僕を哀れんだのか、彼女は一緒にとびっきりの七日間を過ごそうと提案してきて――。 生きることに執着しない僕と、生きて欲しいと願う死神が過ごした、切なくも美しい七日間の物語。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン