作品詳細

デビュー30周年をむかえて ~荻原規子 講演録~
297円
『空色勾玉』をはじめ、ファンタジーの名作の数々を生み出してきた荻原規子は、どのように作品を生み出してきたのでしょうか。2018年7月、川越市立中央図書館で行われた約1時間にわたる講演をまとめたのが本書です。中学生・高校生からの質疑応答からは、創作の深奥に迫る回答も……。荻原規子ファンのみならず、ファンタジー好きの方、作家志望の方にもぜひ読んでいただきたい一冊です。【本書の内容】はじめに第一部 デビュー作『空色勾玉』から『RDG レッドデータガール』まで第二部 なぜファンタジーを書くのか第三部 日本の古典について質問コーナー

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン