作品詳細

『脱原発の哲学』を読む
1012円
 二〇一一年三月に起こった福島第一原発事故というカタストロフィは、私たちの生とそれをとりまく環境、社会に膨大な被害をもたらした。その膨大な被害を踏まえて、原子力=核エネルギーというテクノロジーが持つ科学的、社会的、政治的な矛盾について哲学的な観点から考察したのが、私たちが共同で執筆した『脱原発の哲学』である。本書では、『脱原発の哲学』が提示した様々なテーゼについて議論するために、まず著者二人の討論を収録し、その後、慶応義塾大学と筑波大学で行われた二つの合評会での討論を収録した。*『脱原発の哲学』合評会+小出裕章氏講演会慶応義塾大学三田キャンパス、二〇一六年一一月一一日*『脱原発の哲学』合評会筑波大学、二〇一七年五月一八日『脱原発の哲学』を読んで濃密なコメントを下さったすべてのコメンテーターの方々、そして、私たちの求めに快く応じて心に響く講演を行って下さった小出裕章先生に、深い感謝を捧げる。また、『脱原発の哲学』を評価し、合評会の電子出版を企画して下さった、『読書人』編集長の明石健五さんにも、最大限の感謝を捧げたい。 本電子書籍は、『脱原発の哲学』をめぐって行われる新たな対話を、今後「改訂版」として、その都度アップデートしていく。ダウンロードされたサイトに再度アクセスしていただければ、無料で「改訂版」がダウンロード可能となる。改訂版に関する情報は、「週刊読書人」のホームページ(http://dokushojin.com/)などで告知する。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン