作品詳細

アンコールワットの「発見」(ラオス篇)
アンコールワットの「発見」(ラオス篇)タイ・カンボジア・ラオス諸王国遍歴記
935円
【The Discovery of Angkor Wat】19世紀、なぞに満ちたインドシナの王国の奥地。その森のなかには地元の人たちのみが知るクメール芸術の至宝がたたずんでいた。フランス人旅行家アンリ・ムオ(1826-61)は、バンコクからカンボジア海岸部、首都ウドン、プノンペン、トンレサップ湖をへて、シェムリアップに到達。そこで見たアンコール・ワットの大伽藍を詳細に記述し、世界に紹介した。その後、旅を続けたムオは、「冷王が森」を越えてラオスへ足を伸ばし、ついにルアンプラバンに達するが……。35歳の若さで生涯を終えた探検家の「魂の記録」が読みやすくなって3分冊で登場!![電子書籍版]第3巻(『アンコールワットの「発見」』の21~28章まで)では、アンコールからバンコクへ戻ってきたムオは、ペッチャブリーへ渡航、そしてラオス方面への旅に向かう。途中、行き手をはばむ「冷王が森」やさまざまな障害に足をとられながらも、ムオはラオス山中のルアンプラバンへいたった。生命を賭したインドシナの旅が完結。ラオス篇を収録。[電子書籍版]第3巻ラオス篇の目次第21章 バッタンバンからバンコクへ 第22章 ペッチャブリーへの旅第23章 ラオス北東部へ第24章 洪水の祭第25章 「冷王が森」の横断 第26章 再び「冷王が森」第27章 ルアンプラバンへ第28章 旅行家の死あとがき

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン