作品詳細

道草
475円
留学帰りの健三は仕事に忙殺され、妻子を思いやる余裕もなく日々を過ごしていた。ある日、彼のもとへ絶縁したはずの養父・島田が金の無心にやって来る。かつての恩義や見栄のため、頼みを断れない彼に嫌気がさす身重の妻。しかし意固地な二人は話し合うこともせず、すれ違う。腹違いの姉からも経済的支援をせがまれ、健三の苦悩は深まる。そんな中、妻は出産を迎えるが……。分かり合いたい、分かってもらいたい、けれども分かり合えない二人。互いへの理解を諦めきれない夫婦の姿を克明に描く、漱石後期の名作。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン