作品詳細

福永武彦 電子全集
福永武彦 電子全集15 『別れの歌』、随筆の家としてI。
2700円
11巻まで配信中
師・堀辰雄との交情を記した初随筆集『別れの歌』をはじめ、『遠くのこだま』、『枕頭の書』等の随筆に、対談集『小説の愉しみ』を収録。福永武彦による初の随筆集『別れの歌』(1969年刊)から、第2随筆集『遠くのこだま』(1970年刊)、第3随筆集『枕頭の書』(1971年刊)を中心に、単行本未収録の随筆13作に加え、対談集『小説の愉しみ』から中村真一郎、丸谷才一、遠藤周作らとの対談、鼎談等10本を収録。福永においては、エッセイ(評論)と随筆とは明確に区別されていた。彼にとって一文の主役が対象(物)であるエッセイ(評論)に比して、主役が福永自身である随筆は「自らにとっての真実を伝える」ための文章であった。『別れの歌』は、若き日の回想を綴った作品を中心として編まれ、特に文学上の師匠とも呼べる堀辰雄との交情を描いた「別れの歌」や、堀と出会い、後に自身が長期滞在することになった「信濃追分だより」、徴兵検査に向かう不安神経症の症状や、清瀬の療養所での足かけ7年に及ぶ入院生活の日々を描いた「日の終りに」等の随筆が収録されている。旅、絵画、音楽、映画、日常生活に言及した『遠くのこだま』、自身の読書遍歴が垣間見られる『枕頭の書』とともに、福永の内面に写った真実を感じ取るのに恰好の作品集である。附録として、『別れの歌』に収録され、作家・室生犀星との思い出を綴った「文士の本懐」の自筆草稿、福永自筆の内田百閒著書註文書簡等も収録。
福永武彦 電子全集
2700円
福永の出世作『草の花』を中心に、初めて単行本化され…
福永武彦 電子全集
2700円
福永自ら処女作と呼ぶ『小説風土』を初出版から決定版…
福永武彦 電子全集
2700円
“暗黒意識”を主題にした『夜の三部作』、愛と孤独の…
福永武彦 電子全集
2700円
詩篇のような短篇集『心の中を流れる河』、『世界の終…
福永武彦 電子全集
2700円
退廃的な田舎町での“青年のひと夏”を描いた「廢市」…
福永武彦 電子全集
2700円
詩人・福永武彦が、自己の作詩体験に裏打ちされた“憂…
福永武彦 電子全集
2700円
中学、高校時代の時代の校友会雑誌に寄稿した小文、未…
福永武彦 電子全集
2700円
福永の“もうひとつの顔”「探偵小説作家・加田伶太郎…
福永武彦 電子全集
2700円
ゴーギャン作「かぐわしい大地」に圧倒され、終生追い…
福永武彦 電子全集
2700円
愛の挫折と不在に悩む家族5人の葛藤を描いた『忘却の…
福永武彦 電子全集
2700円
師・堀辰雄との交情を記した初随筆集『別れの歌』をは…

この作品を読んでいる人にオススメ

福永武彦の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン