作品詳細

久坂玄瑞 九州遊学記
1372円
★久坂玄瑞は高杉晋作と並ぶ松下村塾の双璧であった‐・藩主の許可を得て、九州へと久坂は向かうのだが、未完の志を、いかに実現させていくのか・久坂玄瑞という、心の葛藤に悩む人の青年を、九州遊学を通して描写する.・久坂玄瑞の心を精緻に描写していく・久坂玄瑞に見る青年心理の動向.・旅は志士を詩人にした.■久坂玄瑞の脱走劇・久坂玄瑞は、神社に訪れ、旅を占う竹ひごを引いたが、それには予期せぬ暗示が記されていた.・乗り込んだ漁師船が遭難して、たどり着いたところは、長州と対峙する薩摩の海岸であった.・かがり火を焚く薩摩の関所が見えてきた.・関所破りを実行する玄瑞.・一目散に逃げたが、今、自分がどこにいるのかわからなくなったので、星を見て、自分の位置を確かめる玄瑞・ようやく農家らしき家を見つけるが、そこから現れたのは・・・肥後に向かって脱出、ようやく薩摩を抜ける.■登場人物・久坂玄瑞、高杉晋作、桂小五郎、吉田松陰、神主、毛利公、皺がれた道を横切る老婆、巻き上がる龍、薩摩藩の奉行、薩摩藩の兵士たち、蛸漁の人たち、薩摩の大富豪、馬車を曳く人、長崎を行きかう西洋人たち、その他大勢.

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン