作品詳細

放蕩貴族の天使
880円
「あの娘が不器量でよかった」──雇い主である侯爵夫人のそんな言葉を聞いてしまった、家庭教師のセレスタイン。侯爵の弟シンクレアは放蕩者で、前任の家庭教師は彼と戯れたためにくびになっていた。セレスタインは関節炎を患っているし不器量だと自覚しているものの、自分がすぐに採用された理由が教養以外のところにあるとは考えてもみなかった。不器量だから採用されたなんて、誰が想像するだろう。しかし、地味な未婚の家庭教師などは相手にされないと思っていたのに、なぜかシンクレアはセレスタインに近づいてきて──。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン