作品詳細

がんの本
国立がん研究センターの正しいがん検診
1386円
8巻まで配信中
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。がん検診に振り回されないための正しい知識。がん検診は、がんを早期に発見して適切な治療につなげ、死亡率を下げることを目的としています。日本では胃がん・大腸がん・肺がん・乳がん、子宮頸がんのがん検診が推奨されており、本書では、これらのがん検診の流れや「要精密検査」となった場合にどのような検査を行うのかを解説します。がん検診には、症状の出ていない早期がんを発見できるメリットがある一方、不必要な検査や治療につながる「過剰診断」、「がんの疑いあり」と言われたときの精神的不安、検査による事故(偶発症)など、デメリットやリスクも存在します。しかしデメリットについて認識している人はかなり少ないのが実情で、むしろがんが心配なあまり、高額で手厚いオプション的検査を希望される方が目立ちます。また、せっかくがん検診を受けても、検査結果をきちんと理解できていない人もいます。本書ではがん検診に対する誤解を解き、がん検診との賢い付き合い方を、具体的なデータを使って丁寧に解説します。
がんの本
1760円
がんの検査・治療にかかるお金を詳しく解説。社会の長…
がんの本
1760円
がんと生きるための、心と体の苦痛のケア。がん療養中…
がんの本
1760円
日本一確かな胃がんの治療・療養情報。胃がんの罹患率…
がんの本
1760円
手術や抗がん剤治療、治療後の療養まで。年齢とともに…
がんの本
1760円
乳がん治療の最新情報を詳しく解説。乳がんは他のがん…
がんの本
1760円
病期やタイプによって期待できる治療法が。肺がんは罹…
がんの本
1760円
肝がん・胆道がん・膵がんの情報が1冊に。胆道がんや…
がんの本
1386円
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

小学館クリエイティブの他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン