作品詳細

就労移行支援事業所を使って統合失調症と戦おう!私はこうやって治療を進めました。
328円
さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)【書籍説明】統合失調症になると、社会から少し離れたところで生活するようになります。治療のために、会社を辞めたり、休職したりするケースも出てくるでしょう。私自身、統合失調症になり、それまで勤めていた会社を退職し、治療中は無職の状態でした。私は二年ほど無職だった時期があり、そのときは、早く社会復帰がしたくて堪りませんでした。そのため、統合失調症になり、就職活動で悩んだり、焦ったりする人の気持ちがよくわかります。治療を進め、スムーズに復職できれば一番いいですが、それはなかなか難しいものです。そのようなときは、段階を踏んでステップアップをしていくと上手くいきます。今回は、私が復職のために利用した「就労移行支援事業所」に関して説明します。復職に向けたさまざまなプログラムが展開される事業所に通えば、社会復帰のためのベースができます。一体、どんな施設で何ができるのか? こちらについて当事者の目線で解説していきます。【目次】就労移行支援って何?色々なタイプがある就労移行支援事業所就労移行支援事業所では何ができるのか?面接に同行し万全のバックアップ定着支援という仕組みもある就労移行支援と統合失調症まとめ 統合失調症でも働ける!【著者紹介】内山健太(ウチヤマケンタ)1985年生まれ。新潟県出身。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン