作品詳細

がんを忘れたら、「余命」が延びました!
1036円
十二指腸潰瘍、肝硬変、食道がん・・・。かつて「余命4ヵ月」と宣告された作家は、胃がん発覚の際、がん治療を拒否。医者からは「半年したら大変なことになると」告げられるも、それから4年がたち、ますます元気だ。●健康診断をやめれば、日本のがん患者は今の半分まで減る●がんの手術をする、抗がん剤を使う医者は全員がウソをつく●「がんはこわい」「がんは痛む」は、医者が作り上げた都市伝説●本物のがんはメスが入ったらもうアウト●嫌だと言っても点滴したがる医者は、疑った方がいい●免疫療法をはじめ、「がんが治る」と言っているものはみんな詐欺●世の大多数は「がんは検診が大事。早期発見が大事」と信じ込んでいる●医者が進める治療に傾きかけている人間を、どう踏みとどまらせるか

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン