作品詳細

野球監督が教える、少年野球からプロ野球まで見るべきポイントはこれだ!先生が教えるシリーズ(7)
538円
さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)野球を100倍楽しめる本!ルールが分からない。駆け引きがわからない。プロの解説が腑に落ちないことがある。そんな多くの方がもっと野球を楽しめるようになる本です!・キャッチャーに注目すれば野球のおもしろさがわかる!・実は打者は監督のサイン(命令)を必ず実行しなければならない!・バントは子どもの才能を潰す?・メジャーリーグでは2番打者に打率が高い選手を置く。・ホームランを狙う?安打を狙う? それとも?・「犠打」はなぜチームを強くするのか?・なぜ中学校の野球は守備力・走力重視なのか?・捕手のミットに注目しなければならない理由とは?・アウトローかインハイか?ストレートか変化球か?・2ストライクからの捕手と打者のかけひきが一番面白い!・賢い捕手は簡単にフィニッシュボールを投げさせない。・野球は確率で考えなければいけない。・走者がいないときの基本のポジションは?・チームの特徴=監督の考え方・サインを重視?選手個々の判断を重視?・打率を上げるには?・ホームランや長打を狙って良いのはどんな場面なのか?・走者二、三塁よりは満塁の方が守備しやすい理由は?【著者紹介】北影伍朗(キタカゲゴロウ)元教師。現役時代は中学校の教師として理科を教えるかたわら、野球部の監督やテニス部の監督として生徒に指導… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン