作品詳細

統合失調症は日記で治す!日記は医師との最高のコミュニケーションツールになる。
438円
さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)【書籍説明】統合失調症を抱えて、必要不可欠なのは通院である。しかし、その通院先の病院で、医師とコミュニケーションがうまくとれず、治療が思うように進まないということがある。本書を開いたあなたは大丈夫だろうか。私は、統合失調症を発症してから、医師にその症状を伝えるのにとても時間がかかった。医師につらい症状を伝えられず、一人で抱えている期間はとても苦しかった。あなたも、そんな苦しい思いをしていないだろうか。本書では、医師にうまく自分の症状を伝えられるようになるためのポイントを伝えていく。これを読み、本書がすすめる行動を試すことによって、医師とよくコミュニケーションをとることができ、医師との二人三脚での治療を実現できる一助になるだろう。【目次】私が精神科を受診するまで症状を医師に話せなかったわけ症状を伝えてからの治療三つの悪い波日記をつける重要さ医師とのコミュニケーションのコツ私の日記の活用のしかた日記をつける私なりのコツまとめ【著者紹介】牧野ひつじ(マキノヒツジ)10代で統合失調症を発症、やっとのことで大学を卒業後、福祉就労にて治療しながらぼちぼち働く。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン