作品詳細

【南蛮侍妖かし帖シリーズ】結婚前夜、夢遊病のおんな
330円
男と女、それも若い声のようだ。流れる水音のほかに、水しぶきの音も聞こえる。「気持ちよさそうでございますね。惣一郎様。わたくしも川に入って、躰を清めても良いでしょうか」「かまわないが、着物が濡れるぞ」 忍び足で川に近づく洋相の耳に、しゅるしゅると帯を解く音が聞こえてきた。「お、おい。何をするのだ、お美奈、目のやり場に困る」「何も困ることなど。明日の晩には祝言を挙げているのですから、もう夫婦と同じではありませんか」※この作品の初出は「初恋」(2006年11月廣済堂文庫)です。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン