作品詳細

南の国のカンヤダ
1584円
スタジオジブリ鈴木敏夫の初小説。スタジオジブリ鈴木敏夫初のノンフィクション小説――どこまでも続くパクトンチャイの田園風景を見ながら散歩をする。だんだんと日が落ちていき、夕方になると、大人たちは誰かの家の庭先に自然と集まり、酒盛りをはじめる。子どもたちは近くの川で水遊びをして、はしゃいでいる。そうした風景を見ていると、なぜか子ども時代に夏休みに帰省したときの思い出がよみがえってくる。その街で大家族と暮らすシングルマザーのカンヤダは、真っ直ぐ正直に生きている。端から見たら不器用だ。もっと上手に生きればいいのにと思う。だけど、彼女は決して、自分の生き方を変えない。でも、だからこそ私は彼女に惹かれていった。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン