作品詳細

うちの旦那が甘ちゃんで
うちの旦那が甘ちゃんで8
671円
8巻まで配信中
音吉の付き人「箱屋」となって芸者の世界に潜入することになった沙耶。他方、月也はなんと女装して芳町の陰間茶屋で働くという大胆な作戦。夫婦同時潜入の捜査なのだ。沙耶は得意の若衆姿で、山本町の座敷へ向かう音吉に付き従った。そこにいたのは以前から音吉に言い寄っていた金持ちの札差・吉兵衛だった。そして、音吉にではなく沙耶に相談を持ち掛けてきた。大奥に勤める姪が、抜け出して遊んでいるというのだ。しかも行先は陰間茶屋だと。もしかすると、月也と遭遇を? 夫婦同時潜入はここでつながるのか!
うちの旦那が甘ちゃんで
660円
はっきり言って月也は「ぼんくら」である。月也とは、…
うちの旦那が甘ちゃんで
660円
定廻り同心の小者の情報によると、どうも江戸の掏摸(…
うちの旦那が甘ちゃんで
660円
最近江戸で「九両強盗」というものが流行っていた。情…
うちの旦那が甘ちゃんで
660円
美人画で名が売れはじめた浮世絵師・歌川広重から「男…
うちの旦那が甘ちゃんで
660円
女を騙して金を巻き上げる「色悪」というものが江戸を…
うちの旦那が甘ちゃんで
671円
女を騙して金を巻き上げる悪党「色悪」。沙耶が「男に…
うちの旦那が甘ちゃんで
671円
沙耶と月也は、湯治のためにひと月の休暇をもらい、箱…
うちの旦那が甘ちゃんで
671円
音吉の付き人「箱屋」となって芸者の世界に潜入するこ…

この作品を読んでいる人にオススメ

神楽坂淳の他の作品

講談社文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン