作品詳細

菊とギロチン ―やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ
1936円
関東大震災直後、急速に不寛容な社会へとむかう時代、「女相撲」と「アナキスト」 が出会った―― 鬼才・瀬々敬久、構想三十年の入魂作『菊とギロチン』に、異色 の政治学者・栗原康がガブリ寄り。希代の取組による破壊的創作評伝小説誕生 !! 瀬々敬久による映画の後日談「小説・その後の菊とギロチン」も収録

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン