作品詳細

新にっぽん奥地紀行 ~イザベラ・バードを鉄道でゆく~
1408円
明治11年。開国間もないニッポンに、ひとりの英国貴婦人がやってきた。イザベラ・ルーシー・バード。旧街道を引き馬に乗ってゆく過酷な旅路を歩いた彼女の目に、いまだ江戸の面影を残す東北、北海道の景色はどのように映ったのか――。鉄道・歴史紀行文の名手である著者が、バードの足跡を訪ねて歩いた鉄道の旅。彼女が見た明治期の日本を探しながら、現代日本の地方都市を歩き、人と出会い、風景と食、そして酒を堪能しつつ“近代日本”の真の姿を考える。雑誌『旅と鉄道』誌上で16回にわたり掲載された連載ルポ、待望の単行本化。【目次】序章/第1章「横浜」/第2章「東京」/第3章「日光」/第4章「会津(前編)/第5章「会津(後編)」/第6章「新潟」/第7章「置賜」/第8章「上山」/第9章「秋田」/第10章「大館」/第11章「黒石」/第12章「函館」/第13章「噴火湾」/第14章「室蘭」/第15章「勇払原野」/第16章「平取」/あとがき

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン