作品詳細

派遣看護婦
770円
「いけません。私はそんなことのために来たんじゃ……」自宅の派遣看護婦を父と息子が──孝志の義父・秀行は自らの立場を使って、本来一カ月入院すべきところを自宅での療養で許されることになった。それだけでなく、つきっきりの世話をさせるための専任の看護師・加那子を派遣させたのだった。彼女を一目見たときから好きになってしまった孝志だが、秀行も治療にかこつけて加那子に迫り──。それを目撃してしまった孝志は……。傑作官能エンターテインメント!◎『僕の派遣看護婦 特別診療』(二〇〇一年・マドンナ社刊)を一部修正及び改題したものです。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン