作品詳細

悪女芝居
638円
「わたし、悪い女なんです」酒場の止まり木で、女客香澄が言ったセリフが引き金になったのだったか。その夜、佐久間のセガレは久方ぶりにした覚醒した……。定年から二年、暇を持て余していた佐久間は、友人に一週間の店番を頼まれた小さなバーで、人妻香澄と出会った。純なくせに虚言症という不思議な魅力に溺れていった佐久間が、最後の日に知った彼女の真実とは? 回春エロス書下し。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン