作品詳細

悲恋
677円
初めて愛した人は、実の兄だった――。「謝らないで。いけないのは、私だから」。もっと苦しければいい。苦しければ苦しいほど、人として許されぬ行為に身を堕とす我が身に相応しい性愛だと感じる。沙智はペニスに舌を絡め、溢れた唾液を啜り、欲情に虚ろになった兄の瞳を見上げた(「向日葵の歌」)。恥辱に散った女たちの悲しく切ない恋を、人気の女流官能作家が描く全六篇。一冊で何度も絶頂を迎える、傑作官能小説集。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン