作品詳細

背徳~昼下がりの絶頂
濡れた裸女の記憶 背徳~昼下がりの絶頂7
110円
8巻まで配信中
恥じらい躊躇いを見せながら、スリップのレースの裾をつまみあげ、腰のあたりまで濡れた下着をたくしあげると、麻紀子は両手を義父のがっしりした肩に支えるようにし、揃えた腿を自分の腿で挟むような態勢でそろそろと豊かなヒップをおろしていった。
背徳~昼下がりの絶頂
660円
美しき重役秘書のバッグからこぼれ落ちたピンクロータ…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
「君がどうやってこれを使うのか、教えてほしいな」斉…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
悠也は人差し指を第二関節まで口の中に含んだ。ねっと…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
「いつもチラチラ盗み見てるけど、こういうことしてみ…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
心の中でKに話しかけながら、あゆみはわれ目の中に指…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
柔らかくふくよかな女体の心地よさ、温もりが、肌に染…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
「こりゃあ手に吸いついてくるぜ。くそ、こんなにぷり…
背徳~昼下がりの絶頂
110円
恥じらい躊躇いを見せながら、スリップのレースの裾を…

この作品を読んでいる人にオススメ

同じ作者の他の作品

河出i文庫の他の作品


dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン