作品詳細

紫式部日記 天才作家のひみつ
550円
紫式部は、子どものころから、本を読むのが好きな“変わり者“でした。夫の死後「源氏物語」を書き始めたところ、おもしろいと評判になり、宮中で働くことに。ところが、「人を見下している」とひそひそとうわさ話をされるなど、いやなことばかり。人間関係がうまくいきません。そこで思いついた対策とは? 感受性豊かで、でも人づきあいが苦手な紫式部の悩みや葛藤、宮中でのくらしを描きます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン