作品詳細

俳諷一行詩 花迷宮
俳諷一行詩 花迷宮女たちのつぶやき
605円
「恋をする女のひとり言には、花の匂いがある」というフレーズはだれが書いたのか――忘れました。ごめんなさい。今回「花迷宮/女たちのつぶやき」では、さまざまな人をたずねました。そしてその人の気持ちを、思いを「俳諷一行詩――五七五」にまとめてもらったのです。皆さん正直にありのままの気持ちを記してくれました。それでお名前はイニシャルの発表にしました。「女の恋と愛の物語」は、人それぞれの数だけあるのです。小説やドラマの登場人物のせりふと違うのは、その一行のことばの中に余分な飾りのない、素直な思いが託されていることです。じんわり胸に沁みてくることばが放つセクシーで甘やかな匂い――皆さんにまっすぐ届けます。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン