作品詳細

ヤマケイ文庫 白き嶺の男
704円
山岳会の新人山行として冬の八ヶ岳縦走に参加した加藤武郎。山岳会の常識にとらわれない彼の行動に、リーダーは戸惑い、怒りを覚えるが、その夜、猛吹雪がふたりを襲う――(白き嶺の男)。『新編 単独行』から『単独行者(ルビ・アラインゲンガー)』に連なる不世出の登山家・加藤文太郎(1905年~1936年)の魂を継いで、南アルプスの渓谷や冬の北アルプス・滝谷、そしてヒマラヤの高峰を舞台に谷甲州が描く「もう一人の加藤の物語」。1996年度新田次郎文学賞受賞作。●白き嶺の男●沢の音●ラッセル●アタック●頂稜(スカイライン)●七ッ針―山岳ホラー●ヤマケイ文庫版あとがき(13頁)※八ヶ岳、滝谷が舞台の「白き嶺の男」「ラッセル」については地図を追加。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン