作品詳細

子どもの英語教育。コスパ最高のファイナンシャルプラン。約250万円でバイリンガルになれる。
328円
さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)【書籍説明】子どもを英語が話せる大人にしたい。グローバルな人材に育てたい。そう願っている方は非常に多いと思います。しかし、英語の学習は早ければ幼児期から大学まで長年にわたって続きます。そうなると、英語教育にファイナンシャルプランニングは欠かせません。幼いうちに英語やその他の習い事に多額の教育資金をつぎ込んでしまって、高校や大学で(親が英語を勉強させるのではなく)自分から本当に英語を学びたい、留学したいと願ったとき、その余裕は残っていますか。英語力を高めるコスパ絶大の教育プランは、「公文などの家庭自主学習+1年間の大学交換留学」です。【目次】●英語教育は費用対効果を見極めて●●年齢別に見る英語学習の経費(月額/期間合計)●★公文式を始めとする自宅学習教材●英会話スクールと留学の効果●●いつ留学するのが効果大か●【著者紹介】衣笠奈美(キヌガサナミ)新聞社勤務を経て、現在はフリーランスで文書・映像の翻訳、各種会議録作成、文章執筆、外国人の日本語学習支援に従事し、多方面から現代日本語を調査研究中。翻訳・執筆分野は主にIT、政治、教育。著書:「会議が変わる発言術」「検索がヒトの脳をダメにする」「超・効率的英語学習法!オトナも公文式で英語を学べば、“底力のある”英語が身につく」等。… 以上まえがきより抜粋

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン