作品詳細

つまをめとらば
712円
第154回(2016年)直木三十五賞女という圧倒的リアル! 直木賞受賞作去った女、逝った妻……瞼に浮かぶ、獰猛なまでに美しい女たちの面影はいまなお男を惑わせる。江戸の町に乱れ咲く、男と女の性と業。女が映し出す男の無様、そして、真価――。太平の世に行き場を失い、人生に惑う武家の男たち。身ひとつで生きる女ならば、答えを知っていようか――。時代小説の新旗手が贈る傑作武家小説集。男の心に巣食う弱さを包み込む、滋味あふれる物語、六篇を収録。選考会時に圧倒的支持で直木賞受賞。遂に文庫化!解説・瀧井朝世

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン