作品詳細

首くくりの峠
270円
本庄慧一郎 書き下ろし短編小説「首くくりの峠」峠越えの一本道をあたふたと急ぐ佐吉が、崖っぷちの樹の枝にぶら下がる若い女の哀れな姿を見た。なんと、自分が手にかけたおさわだった――。やっと枝から下ろして地に横たえると、通りかかった山男がいきなりそのおさわの死体に抱きついた。佐吉は、山男を斬り、死体を窪地に埋めた。その後、必死に追っ手を逃れる佐吉は、いくつもの摩訶不思議な出来事に遭遇する。そして――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン