作品詳細

穴ぐら
270円
本庄慧一郎 書き下ろし短編小説「穴ぐら」大店の若いおかみさんが、番頭と庭の蔵の闇の底でみだら遊びにうつつをぬかしていた。存分に楽しんでなに食わぬ顔で蔵を出た二人は、庭も台所の女中も……いや表の店の者たちも一変して見知らぬ者ばかりになっていて仰天する。うろたえた二人は、なじみだった寺の墓守り老夫婦に会うが、どうやら、十年、十五年という歳月が経っているらしいことに、ただひたすらうろたえる――。

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン