作品詳細

鯨の王
1018円
圧倒的リアリティで描かれる深海の激闘!メルヴィル『白鯨』へのオマージュ的SF海洋冒険小説マリアナ諸島海域の深海で米海軍の攻撃型原潜が襲われた。原潜自体に傷はないのに、中の乗組員が半数以上死亡。米海軍は海底基地に調査員を派遣する。日本では、アル中の鯨類学者・須藤は未知の巨大クジラの骨を発見するが、採集した骨は何者かによって盗まれ、採集場所の深海は荒らされてしまう。失意の須藤に、米バイオ企業からグアムでの研究援助の手が差し伸べられた。グアムに飛んだ須藤は、深海調査船のパイロット・秋道炎香と性格的に反発しあいながらも力をあわせ、クジラを追う。米海軍は事件には未知のクジラがかかわっていることを突き止め、そのクジラの能力を研究するために、米兵器メーカーが中心となってヨーロッパ、カナダの石油会社、鉄鋼メーカーなどと組んで建設した西マリアナ海領の海底熱床探査基地で調査を始める。さらには、クジラから取れる高価な龍涎香を狙う中東のテロ組織が須藤たちに近づく。欲にまみれ、思惑が入り乱れる人間たちに、クジラの群れが反撃に出た。深海の巨大生物ダイマッコウ対人間のかつてない死闘が繰り広げられる!解説・加藤秀弘

dアカウントを発行する  /  dアカウント ログイン